大きくする 標準 小さくする

観戦ブログ

次へ>>

オープン戦 vs愛知学院大学[観戦記]

投稿日時:2009/05/09(土) 22:49

5月9日土曜日

約半年ぶりに中京大学ラグビー部の試合を見に行ってきました。

 

 

今日は愛知学院大学との練習試合で、朝日大学・名古屋学院・愛知学院との4大学で行われているGWリーグの一戦です。

まだ5月のオープン戦という事もあり、両チームともかなり荒削りな面が多々見られ、まだまだこれからかな?って感じでしたね。

 

 

試合は、

 

 

中京大A 48-14 愛学大A 40分×2

中京大B 10-7   愛学大B 40分×1

 

 

で、両チームとも勝利しました。

 

 

まあ、Bチームは40分×1という事もあり、両チームとも波になりきれず、膠着状態が続き終了間際に愛学大が1本、中京大が2本獲り終了しました。

 

 

しかし、Aチームは得点だけ見れば、48得点 8本のTRYと順調と感じられるのですが、

今日実際の試合を見た感想は、8本のうち2本は相手のミスやインターセプトからのTRY・さらに3本はゴール前からのFWのゴリ押しのTRYだったと思います。

FW・BKの一体となった、連続プレーからのTRYは1本あったかどうかの様な気がします。

東海地区では通用しても、関西関東との試合では、かなり無理が出てくるでしようね。

 

 

また、試合運びもかなりのロースターターの様で、前半は毎試合苦戦し、後半に入ってから巻き返す・引き離す、と言う感じですね。

格下のチームだったから、後半からでも巻き返せるのであって、同等もしくは格上のチームであれば、そのままズルズルとなるでしょう。

関西遠征がいい例だと思います。

 

 

コレから、数々の課題を克服して、夏合宿で一回りも二回りも大きく成長して、今年も東海リーグは勿論、関西第五代表の座を勝ち取り、大学選手権一回戦突破を果たしてもらいたいですね。

12月14日の関西第五代表決定戦[観戦記]

投稿日時:2008/12/15(月) 22:07

12月14日に行われた、大学選手権の関西第五代表決定戦走る人は、中京大学の健闘むなしく、摂南大学に敗れてしまいました泣き顔

トンガ人留学生を意識するあまり、他の選手へのマーク目が甘くなり、また、外国人特有の懐の深さに対応出来ずがく~(落胆した顔)、ジャッカルされターンオーバーを連取されました。

前半だけでも33点と大量リードを許してしまいましたあせあせ(飛び散る汗)

後半はいくつか修正は出来、互角の戦い指でOKをしていましたが、アタックに集中するあまり、ターンオーバーへの攻守の切り替えや、インターセプトを与えてしまい、自滅げっそりした形となってしまいました。

結果
中京大学28-59摂南大学

摂南大学が勝利し、大学選手権に進むことになりました。

確かに、OBとしては中京大学に勝ってもらいたかったですし、試合に関して色々言いたいこともありますが、勝負の世界は結果がすべて。
試合中に何があっても、それを跳ね返す力が、まだ中京大学になかったってことです。

来年は、今年の経験を生かして指でOK、東海リーグ制覇はもちろん、大学選手権に出場し、打倒関東を目指して頑張ってほしいですわーい(嬉しい顔)

東海リーグ優勝決定戦[観戦記]

投稿日時:2008/11/24(月) 00:32

久々の更新です。


行ってきましたよ、瑞穂へダッシュ(走り出す様)

そう、今日は東海Aリーグの優勝決定戦exclamation ×2でした。


中京大学vs名城大学


5年前に、名城大学に東海の盟主の座を明け渡してから、
6度目のリベンジです。

今年はかなりの戦力の充実で、今回勝てなければ、また、
名城大学の時代が続きそうな感じした。

試合は、開始早々中京大が攻め込み、試合を優位に進めそうでしたが、2度のTRY

チャンスを自らのミスで得点に結び付けられず、気がつけば名城大のプレッシャーで、

自陣ゴール前まで攻め込まれていました。

ゴール前では、中京大も必死のディフェンスで、何度かはゴールを死守していましたが、

最後は名城大のFWにパワーでねじ込まれ、先制されてしまいました。(ゴール成功)0-7

 

その後は両チームともゴール前までは攻め込むも、決め手を欠き、また、自らの反則でTRYを奪う事が出来ず、時間だけが過ぎていきました。

 

前半残り10分となった時、中京大は相手の反則から得たPGをねらい、3点を返しました。(3-7)

 

そのまま、前半終了と思われた、前半ロスタイムで、中京大のCTBの豪快な突進からフォローしてきた中京大の選手が一体となって、ゴールになだれ込み、そのままTRY

(ゴール成功)10-7

そのまま前半が終了。

 

後半に入っても、一進一退の攻防が続き、両チームとも、TRYを獲れず試合は進んで行きました。

しかし、その間も、中京大は名城大の反則から2本のPGを狙い着実に6得点をかさね、

16-7となっていました。

 

後半終了10分前に、中京大にアクシデントが発生。

中京大のBKの選手がハイパントのキックをキャッチングする際に、名城大学の選手に勢い余って、膝を当ててしまったのです。

 

これで、中京大は14名での試合となりました。

名城大も、一人少なくなった中京大のBKを攻め込み、1TYR返しました。

 

このまま一気に、名城大ペースになるかと思われた後半ロスタイムに、敵陣10M付近での中京大ボールのポイントからスクラムハーフが抜けだし、一気にインゴールに飛び込み、

TRYを奪い取りました。

 

その後、数プレイのち、ノーサイドの笛が鳴りました。

 

 

中京大学21-12名城大学

 

6年ぶりの東海リーグ優勝・東海の盟主奪回

 

 

次は、11/30の中四国代表との決定戦を経て、12/14の関西5位と関西第五代表の座をかけた決定戦です。

この決定戦に勝利して、是非大学選手権出場を果たしてほしいです。

 

 

 

第36回 愛知ラグビー祭[観戦記]

投稿日時:2008/05/25(日) 18:40

今日は、名古屋市瑞穂ラグビー場で行われた、愛知ラグビー祭を観戦に行ってきました。

 

クラブチームの決勝戦・愛知学生vs大阪学生・帝京大学vs豊田自動織機の3ゲームが行われました。

 

 

私達の、メインは学生選抜の試合だったので、11時半ごろに瑞穂に到着。

案の定、駐車場は一杯で、結局野球場に車を止めて、グランドに行きました。

 

 

グランドでは、クラブチームの決勝戦が行われていました。

私達のメインの学生選抜の試合は、このクラブチームの試合の後。

 

観戦セットを広げて、いよいよ学生選抜の試合スタートです。

 

 

試合開始直後は、大阪学生選抜のプレッシャーが強く、また、愛知学生選抜の方は、イマイチ息が合わず、

全て、後手後手に回り、開始早々に、1TRYを献上してしまいました。

 

その後もお互いがっぷり四つって感じで、少しこう着状態が続きましたが、徐々に、愛知学生選抜の、FWがボールをキープしだし、

スクラムハーフの、テンポの良い球出しが出来、またSOの絶妙な飛ばしパスがCTBやWTBに届き、TRYを量産しました。

 

前半を終わって大差の47-5と愛知学生が大量リード。

 

 

後半は、愛知学生が前半の大量リードで、少し気が緩んだのが、大阪学生が徐々にTRYを重ね始めました。

しかし、後半に入っても、愛知学生の優位は動かず、両CTBのスピート好アタックで、大阪学生のDFを切り裂き、

両WTBとBFが走り回り、終わってみれば、12TRYをあげる猛攻で、大阪学生を一蹴しました。

 

 

東海リーグのレベルが、一昔前まで戻ってきつつあることを感じました。

毎年、この位の大差で勝利し続けていけば、愛知ラグビー祭のメンバーも、関西Bリーグを中心とした大学から、以前のように

関西Aリーグを中心とした大学で構成されるようになるでしょうね。

 

また、大学選手権の第五代表の代表権も、決定戦で決めるのではなく、東海北陸中四国の代表がそのまま、大学選手権に出場できるようになってくるでしょうね。

 

そうなることを期待しつつ、今年も中京大を応援します。

 

全国地区対抗大学ラグビー大会 決勝[観戦記]

投稿日時:2008/01/06(日) 23:23

いやーわーい(嬉しい顔)今日は最高の日ですねムード
なんてったって、中京大学ラグビー部が、全国地区対抗ラグビーフットボール大会で優勝したんですよ手(チョキ)
当初は、実力校である武蔵工業大学との決勝戦だったため、僅差の試合あせあせを予想していました。
しかし、試合開始直後のK.Oから中京大が攻め込み、SOから右WTBへのキックパスが通りTRYぴかぴか(新しい)を先取しました。
あとは、中京大のBKが縦横無尽に走り回り、TRYを量産exclamation ×2
また、中京大FWも得意のモールで何度となく押し込み、武蔵工業大FWを切り裂いていました。
終わってみれば64-10の大差で圧勝わーい(嬉しい顔)exclamation ×2
2年連続の地区対抗戦優勝です。
来年は、東海リーグを制覇して、久々の大学選手権出場を果たしてくれることを願っています。

個人的な感想は。。。。

SOのアタックラインの動かし方と、両センターの突破力は関西にも十分通用しますね。
来年も楽しみです。
さらに圧巻目だったのは、左PRの突破力ダッシュ(走り出す様)縦にも横にも動ける器用な選手ですね。
前半、BKラインに参加してボールをもらったあと、カットアウトで相手DFを抜いてのTRYは、BK顔負けのプレーだったと思います指でOK

次へ>>

<< 2017年12月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31